高校入試対策 1月の勉強方法

お久しぶりです^^
お正月も終わって、これからいよいよ入試シーズンですね。
第一志望が公立高校でも、この1月からは私立高校の入試が始まります。
入試自体がはじめてなので、何をしていいのか分からないのは親も子も同じです。
では入試前の1月にどんな勉強をすればいいのでしょうか?
お正月に弟(高校教員)に会った時に聞いてきました。

まず、私立入試の前に校内実力テストがありますね。
ここでほぼレベル分けされて、具体的な進路を決めていく非常に重要なテスト。
ここからは、攻める学習から、守る学習にシフトする時期になります。
「守りの学習」と聞くと後退するようなイメージがありますが、それは違うとのこと。
試験をする立場になって考えるとよく分かります。
というのも、入試とは、高校からすると「落とすための試験」になるからです。
残酷なようですが、定員が決まっている以上、不合格者が必ず出ます。
では「落ちる子」はどのような傾向がるのでしょうか?

単純ミスで落ちる。
自分のレベルで問題なく解けるのに正解できない。
つまり、同レベルの学力なのに正解できる問題ができない子です。
原因は「思い込みと、うっかりミス」
一度正解して覚えたと思い込み、次々に攻めていくので
前に覚えた問題や解き方の記憶が薄まっていくんですね。
なのでこの時期は、今までのテスト、模試、問題集を徹底的に見直して解き直しすること。
この見直で、「記憶を固める」守りの学習が、あるレベルまで達すると大きな分かれ道になります。

特に怖いのが、本番で基本をど忘れして慌ててしまうこと。
「これ解いたことあるのに分からない。。」という感じです。
試験で一度リズムが乱れると、修正するのは大変です。
逆に基本問題がリズムよく解けていくと、難解問題も余裕をもって望むことができます。
私立入試、公立入試、今までの努力のすべてを結果にするためにも
これまでの学習をしっかり振り返る「守りの学習」をして
記憶を固めて、自信を確信に変えていくことをおススメします。
泣いても笑っても、あと2ヶ月で受験生は終わります。
悔いの残らないように、時間を大切にしたいですね!