知らないと不合格!?高校受験300点と定期テストの意外な関係

中学生の勉強法で300点はちょっとその気になればすぐ突破できる成績です。
5教科平均60点ですからね。志望高のレベルにもよりますが、
もし塾に通ってその点数で伸び悩むのであれば塾を変える選択も必要ですね。

塾講師と相性が悪いと中学生が露骨に成績に反映されますので、
子どもは親にお金を出してもらっているからと遠慮する場合がおおいのですが
親の方から塾が合っているか定期的に聞いてあげるのがベストですね。
もし塾に行かずに自力で勉強して合計300点を超えていないなら、周囲のサポートを頼ってみることをおススメします。
受験日まで逆算すると舵取りを間違えてしまった場合は労力も時間も取り戻すのは大変ですから。
具体的には学習塾を検討してみるのが即効性が高いです。しかし経済的にお金の問題がありますから塾に入りたいと言えない生徒もいるでしょう。

学習塾に通っていない、田舎なので塾講師のレベルが低いと感じているなら「スタディサプリ」は効果的です。
月額980円で5教科の映像授業が受け放題です。講師のレベルは非常に高く弟(高校教員)も参考にしているほど。
1講座15分でサクサクっと要点をまとめた分かりやすい授業が特徴。
スタディサプリの良いところは全国の過去問題を3年さかのぼって取り寄せられること。
ふつうの学習塾は1教科1万円、5教科で5万ま当たり前ですが月額980円で5教科は安いですね。
スタディサプリは教育環境の格差、経済理由の格差もなくした画期的なアプリです。

テストの種類から取れる点数が変わることも理解しましょう。
一般的に入試→実力テスト→定期テストの順に点数が上がる傾向ですから。
つまり定期テストで300点取れてても入試では下回る可能性が高い。
なので定期テストで合格ラインを上回っていても安心はできません。合格基準点プラス50点は欲しいですね。
30点~50点上げるのはそんなに難しくありません。見直し不足からくるケアレスがほとんど。
見直す時間を作るにはやはり問題を解くスピードを上げる=学習時間と労力を上げ問題の理解度を上げること。
問題の理解する能力が高いから総合的に見直し時間も増えることになりますから。