母親が中学生のやる気スイッチを入れる簡単な5つの方法

中学生やる気を出させるにはどうすればいいんだろう?
なにか中学生の子どもをやる気にさせる方法はないかな?
私も中学生男子の親ですがやる気なしな時期は受験が迫っているのに
どうしようと悩んだものです。
中学生は身体は成長して大きくなっていますが内面はまだ子どもです。
どこかに親がなんとかしてくれないかなーと甘えが残っているのが思春期ですからね。

中学生やる気を出させるには5つあります。
①環境を変える。
「さあ今から勉強しよう!」と机に座っても視界に漫画本やゲームが目に入ると
すぐにやる気がないモードに逆戻りします。
散らかっている子ども部屋や勉強机を整理整頓して勉強する環境を用意しましょう。

②過去の最高点のテストと最低点のテストを部屋に貼る。
できれば中間テスト、期末テストの同じ科目で最高得点、最低得点を子ども部屋に貼りましょう。
どちらも同じ人間がやった結果です。良い得点のテストを見ることで「自分はやればできる!」と励みになりますし
悪いテストを見ると「もうこんな悔しい思いはしたくない」と気持ちを引き締めるでしょう。

③タイマーを用意する。
中学生をやる気にさせるには最初に手をつける方法をやるかやらないかになってきます。
タイマーを5分でセットして、とりあえず5分やってみよう!
たった5分だけやってみようとタイマーをセットして中学生のやる気スイッチを入れると
不思議と5分後には「このままもうちょっとやろう!」って気持ちになります。
この方法は東大生が実践しているやり方からヒントを得ました。
やる気が出ないのは期限が迫ってないことも原因です。
タイマーを机に置いておけば子どもは自分でセットして「あと30分集中してやろう!」と勝手に使い始めます。これは本当におススメですよ!

④家以外の勉強する場所を提案する。
中学生をやる気にさせる方法はマンネリを取り除くことも必要です。
いつも中学生が勉強をやる気にさせる親は子どもに良い環境を与えるために情報をとっています。
私も中学生男子で勉強しない時は図書館や青少年会館など無料で開放している静かな環境を探して提案しました。

⑤親も勉強する。
やる気が出る言葉やる気の出し方を探しても親が一緒に勉強する方法ほど効果があるものはありません。
たしかに仕事や家事を持って勉強するのは大変でしょう。
なにも親が数学とか英語とかする必要はありません。習いたいなと興味のある資格や習い事を家で始めてみましょう。
私はユーキャンの「実用ボールペン字」講座で綺麗な字を習得したかったので子どもの受験時期に始めました。
やる気を出す方法を考えるよりも100倍効果がありますよ!私もやるから一緒に勉強しようって言える環境は
やる気のない中学生の目の色が変わってきます。是非参考にされてくださいね!