嫌でも成績がグングン上がる効果的な人参作戦

「頑張ったらご褒美をあげるね!」そう聞くと「え!何?何??」
あなた自身も子どもの頃にやる気が湧き出てきませんでしたか?
ご褒美がもらえるという人参作戦はとても有効です。
頑張った分の対価を子どもだって心理的に求めていますから。
もちろん「よく頑張ったね~!お母さんも嬉しいよ!」
このように労いの言葉は大切です。
しかし「言葉」だけでは大人の階段を昇っている中学生には物足らないのです。
=入試までの残り日数を逆算して学習計画を立てる=

これを親、塾の先生、子どもと面談して決めました。
子どもは中学一年の中間テストで120中83位でしたから
海上保安官になるには地域一番の進学校に合格したい。
その目安は120中20位以内です。

※後日談ですが、この進学校には学年で27位の子も合格していたので
中学のレベルも高かったのだと思います。
でも最初から25位を目指すより上の目標を立てるべきですね。

話を戻しますが、1年生で60位以内。2年生で35位以内
3年受験までに20位以内という目標を立てました。
そして目標を達成したら欲しい物を全部買う約束をして(汗)

■1年生で60位以内 お小遣い2000円⇒3000円増額
ニンテンドーWiiUとスプラトゥーン iPod(アイポッド)
ジュニアスキューバダイビング(やはり海猿の影響か。。)
大阪ユニバーサルスタジオジャパン

■2年 お小遣い3000円⇒4000円増額
新型iphone オシャレな服(思春期だなぁ。。)
友達と長崎ハウステンボスに連れて行く。
ジュニアスキューバダイビングのランクアップ講座

■3年 お小遣い4000円⇒5000円増額
沖縄でスキューバダイビングツアーと現金5万(汗)

ペナルティとして達成できなかったら渡したプレゼントは没収。
この対価を約束することで成績はグングン伸びました。
中学3年の夏休み前には120中13位になり
見事志望校に合格することができました!
わが家は決して裕福でなないですよ、この対価を渡すために
私も主人も時間外労働や休日出勤をすごく増やしましたから。
子どもだけに「頑張れ!」って言うのは違うと思ったですしね。
まさに一家総出で掴み取った合格だと思います。

重要なので繰り返しますが
=入試までの残り日数を逆算して学習計画を立てる=
そして達成したらどんなご褒美が欲しいのかを選ばせて、
お金は親も一生懸命に作って子どもの希望を叶えましょう。
親が頑張る姿を子どもも見てくれていたと思います。
「一緒に頑張ろう!」って励ましあえる親子関係なんて素敵じゃないですか!?
参考にしていただけたら嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。